ブルーグリーンが特徴のザンビアエメラルドとは?歴史や特徴、選び方まで解説!

透明度が高く深みのあるグリーンのカラーが美しい「ザンビアエメラルド」。

近年人気が上昇しているエメラルドの中でも美しいものが多いザンビア産ですが、その歴史や特徴はどのようなものでしょうか?

手元に迎える際の選び方も一緒に解説していきますので、参考にしてください。

この記事を読んで分かること
  • ザンビアエメラルドの歴史がわかる
  • ザンビアエメラルドの特徴がわかる
  • ザンビアエメラルドの選び方がわかる
ザンビア産エメラルドビーズザンビア産エメラルドペアシェイプ ザンビア産エメラルドビーズザンビア産エメラルド ボタンカット ザンビア産エメラルドビーズザンビア産エメラルドタンブル

ザンビアエメラルドの歴史

ザンビア エメラルドの原石

ザンビアエメラルドは、その名の通りザンビアで採掘されるエメラルドのことを指します。

エメラルドの産地としてはコロンビアが有名ですが、1928年にアフリカ南部のザンビアでも採掘が開始され、高品質なものも発見されたことからそちらにも注目が集まるようになりました。

 

採掘や位置調査などが行われていくと新たな鉱床も発見されて、1970年代にはその生産量も大きく拡大していきます。

そのような過程を経て現在ザンビアでは世界の約2~3割をも占める量のエメラルドが産出されているのです。

 

そんなザンビア産エメラルドの市場がここまで拡大したのはティファニー社と宝石供給会社ジェムフィールズ社の影響が大きく、映画祭で女優にザンビアエメラルドを着用させることなどで宣伝がなされます。

1989年には世界的に有名なティファニー社がザンビアエメラルドのジュエリーを発表したこともあり、ザンビア産のエメラルドの人気は一気に高くなっていったのです。

ザンビアエメラルドの特徴

ザンビア エメラルドのリング

エメラルドには産地によって様々な特徴が見られますが、ザンビアエメラルドにはどのような特徴があるのでしょうか?

実はザンビア産のものは色や形がブラジル産に近いと言われているのですが、様々な産地があるエメラルドでも、このように同じようなものが別の産地で見つかるというのはとても珍しいことになります。

特徴を知っておくことはより好みのものを選びたいときの参考にもなりますので、ザンビア産の特徴を1つ1つチェックしていきましょう。

形と大きさ

ザンビアエメラルドは、原石が丸みを帯びた形をしているのが特徴です。

エメラルドカットしてしまうと小さな仕上がりになってしまうものも多く、必然的にオーバルカットを施されることが多くなります。

その他にもペアシェイプカットにされているものが多くみられ、これらのカットはザンビア産エメラルドの特徴の1つにもなっています。

ザンビアエメラルドのリング

宝石の魅力とも言える色ですが、ザンビア産エメラルドはグリーンのカラーが全体に均一に広がっています。

色味としてはどちらかというと青みが強く、その均質な美しさはザンビア産の大きな魅力となっているでしょう。

有名なコロンビア産のエメラルドは表面に色があるような仕上がりですから、比べてみるとその特徴がよく分かるかもしれません。

透明度

ザンビアエメラルドは、その透明度の高さも魅力です。

インクルージョンが少ないため、他の産地のエメラルドと比べても透き通るような美しさを感じられるでしょう。

結晶密度

結晶密度の低い天然石はひび割れなどができることも多いのですが、ザンビア産エメラルドは結晶密度が高いものも多く、オイル処理と呼ばれるものが行われていないものも存在します。

オイル処理は色味をキレイに見せたりする効果もあるので悪いものではないのですが、エメラルドそのものの良さを味わいたいという人にはオイル処理が施されていないものも魅力的ですよね。

多くのエメラルドはオイル処理が施されているものが多いですので、無処理のものを手に入れたければザンビア産のものを探してみるのがおすすめです。

ザンビアエメラルドの選び方

ザンビア エメラルドのルース

ではザンビアエメラルドを選ぶとき、どのようなことに注目すればよいのでしょうか?

天然石の選び方というのは難しいですよね。

 

まず、注目すべきはやはりその見た目でしょう。

ザンビア産のエメラルドには、深みのあるグリーンカラーのエメラルドが存在します。

MOMO
重厚な高級感を感じさせるその見た目はザンビア産の魅力なので、そういったカラーのものを探してみるのもおすすめです。

また、せっかくザンビア産のものを選ぶのであればそのカラーが均一に広がっているものを選択するのもよいでしょう。

均一な色合いはコロンビア産などには中々見られないザンビア産ならではの特徴ですから、選ぶときの参考にしてください。

 

その他ポイントとしてはインクルージョンも気にかけるとよいでしょう。

元々インクルージョンの少ないザンビアエメラルドですが、多少は内包物が含まれている可能性もあります。

できるだけ透き通ったものを選ぶことで、そのエメラルドの美しさがより一層感じられるようになりますよ。

透明度の高さは見た目を楽しみたいなら外せないポイントになります。

 

いくつかポイントをあげましたが、基本的にはその見た目を重視するのがよいと思います。

ザンビアエメラルドは値上がりしているので早めの購入がおすすめ

ザンビア エメラルドのビーズ

ザンビアエメラルドは味わい深いジュエリーに仕上がっていることも多いので、落ち着いた大人の美しさを楽しめますよ。

MOMO
近年、中国を始め、アジアで人気が急上昇し、以前より価格がどんどん上がっています。

美しいものをお探しの方は、探してみてください。

コロンビア産と比べるとまだ手に取りやすい価格で流通しているので、気に入ったものを見つけたら今のうちにゲットしておくのがおすすめです♪

ザンビア産エメラルドビーズザンビア産エメラルドペアシェイプ ザンビア産エメラルドビーズザンビア産エメラルド ボタンカット ザンビア産エメラルドビーズザンビア産エメラルドタンブル

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事